当社は、お客様が“安心して工事を発注できる会社”を目指し、信頼の技術で50年もの間地域の皆様に選ばれ続けてきました。 ナベカンは、常に“メリットを感じていただけるサービス”を追求。「住まいのアトリエ」や「高齢者支援事業」等を通じて建築、設備、不動産など、お客様の立場に立った“他にない”細やかなサービスで、地域の皆様の安心・快適な暮らしを創造しています。

電話:03-3993-5133 不動産部:03-6914-5142
<<  2023年02月  >>
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728    
お問い合わせ
直結給水切り替え工事施工事例
公共事業施工事例
ナベカン通信
お知らせ
お客様の声
イベント報告
ナベカン社長BLOG
ナベカンの品質へのこだわり
ナベカン公式 Facebookページ
表彰・掲載 履歴
 

直結給水切り替え工事例

エスロハイパーAW ポリエチレン管溶着接合  [2016年10月21日]
直結工事のみならずではあるのですが、埋設や建物PS内部の配管に最近は耐震性、耐腐食性に優れた「ポリエチレン管溶着接合」方式の採用をお勧めしています
ポリエチレン管溶着接合は継手内に内蔵されたヒーターで接続部を加温し、管と継手を溶着一体化すると言うものです。この部分は通常の配管部分と同じような強度を持っていて抜けたりしません。また、ポリエチレン管自体が大きな靱性を持っているので大きな力でひっぱられたりした場合、切れずに伸びていきます
このため、耐震性などに大変優れているわけです。
溶着には専門の道具が必要ではあるので施工に先立ちメーカーの施工講習を修了しなければなりません。
当社では積水化学工業株式会社のエスロハイパーAWを採用しています
積水化学株式会社さんと株式会社小泉中央練馬営業所さんのご協力で当社のスタッフはこの講習を受けています
価格は通常の塩ビ管に比べると高いですが、大きな安心を得られると言う事は最大のメリットでは無いでしょうか
 
継手内にヒーターが内蔵され、専用のコントローラーで継手の種類ごとに加熱時間などが決る。加温時間は継手のバーコードをコントローラのリーダーで読ませれば完了
決った冷間時間をおけば施工修了
直管は5mなので通常の塩ビなどに比べて長い、曲りやすいので地中障害などあってもある程度かわせます
当社のミニバックホー「クボタ製」です。機体重量800kg(ブームバケットを入れると900kg位?)小さいけど力持
ちゃんと年次点検受けて整備しています(車検みたいな物)
Posted at 10:00