当社は、お客様が“安心して工事を発注できる会社”を目指し、信頼の技術で50年もの間地域の皆様に選ばれ続けてきました。 ナベカンは、常に“メリットを感じていただけるサービス”を追求。「住まいのアトリエ」や「高齢者支援事業」等を通じて建築、設備、不動産など、お客様の立場に立った“他にない”細やかなサービスで、地域の皆様の安心・快適な暮らしを創造しています。

電話:03-3993-5133 不動産部:03-6914-5142
<<  2021年02月  >>
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28      
メールマガジンの登録/解除はこちら

 
   

公共事業施工事例

前の記事  |  次の記事
バリアフリートイレ  [2015年05月15日]
練馬区立光が丘第一小学校 形態:小学校 施工面積:36㎡
施工工期:2週間 竣工年月日:2005年3月 部位:男子トイレ
 
リフォームのポイント
車いす児童の受入れのために既存の大便用トイレブースの場所に車いすトイレとシャワーブースを配置
現況確認からプランニングを含めてお手伝いをさせていただきました
障害者などのリフォームを手がけてきたナベカンのノウハウが生かされた工事となっています。
学校のトイレはぴかぴか綺麗
【施工前】
車いすを使用する児童受入れのため、現況の男子大便トイレブースを撤去し「だれでもトイレ」とシャワーユニットを設置することになりました。
施工前

【施工後】
車いすトイレ入口は引戸として車いすが入りやすいようにセットしました。トイレブースの施工はエスイー工業さんにお願いしています。
施工後

【トイレブース内の様子】
便器はC480S(体に小さな小学生が仕様するので車いす用とはしなかった)としています。固定及び跳ね上げ手摺の高さや位置。洗浄スイッチの位置なども念入りに検討して設置いたしました。
トイレブース内の様子

【シャワーユニット入口】
シャワーユニットはトイレブース内より出入りします。
トイレブース内が脱衣場を兼用する配置となっています。
シャワーユニット入口

【シャワーユニット】
シャワーユニットは既存のスラブとの構造上バリアフリーには出来ませんでした。しかし、広い「だれでもトイレ」と一体としたことで介助の人も余裕で入ることが出来る配置となっています。
シャワーユニット

Posted at 10:43