当社は、お客様が“安心して工事を発注できる会社”を目指し、信頼の技術で50年もの間地域の皆様に選ばれ続けてきました。 ナベカンは、常に“メリットを感じていただけるサービス”を追求。「住まいのアトリエ」や「高齢者支援事業」等を通じて建築、設備、不動産など、お客様の立場に立った“他にない”細やかなサービスで、地域の皆様の安心・快適な暮らしを創造しています。

電話:03-3993-5133 不動産部:03-6914-5142
   

ナベカン通信

ナベカン通信 2019年9月

PDFで見る
 
 
 
皆様、今年も強烈な暑さで体調等崩されておりませんでしょうか?

いつも私が旅行などに行った時のエピソードなどをご紹介して居ることが多いのですが、私の個人ブログではあまり仕事のことを書き込んでおらず、社員の中から「社長!いつもちゃんと仕事してるんですから、仕事ネタも書いてください!なんだか遊んでばっかりに見られますよ」なんて、おしりを叩かれまして、今回は、現在当社で新築工事をしておりますのでそちらの紹介をいたします。

設計及びコーディネート含め新築にも対応しております。

お客様の現在の建物は約40年前の積水ハウスで建てられた物とのこと、新築かリフォームか出来る方でという御要望でした。

現在の建物は鉄骨軸組で1000㎜がモジュールである事などから、間取りなどが変更しにくく、リフォームは選択肢から除外し、ご主人の駐車場を敷地内に置きたいとの御要望もあったこともあり新築の方向に決定。

当初3階建ても検討したのですが予算的に難しく、小屋裏を少し大きめに取り、収納を設けることで対応することにしました。

まずは地積測量図がないので、測量から始めます。測量業者にもお願いするのですが、概略の設計用に自分たちで現況敷地を計測。そこから、建築基準法や用途地域などの規制に合致する建物の設計から始めました。今回の基本プランは私が設計しました。

狭小変形敷地のため、大分苦心惨憺しましたが、敷地内に駐車場を設けた上で、ご夫婦と時々帰宅する息子さんの住む部屋を配置する事が出来ました。

こちらの設計には当社に導入しているアーキトレンドというCADソフトを使用しました。

建築確認申請は、練馬区にお願いしました。

石神井川沿いの地域は軟弱な地盤のところが多いため、見積の中に杭や地盤改良などの配慮を盛り込みました。

確認申請をすると共にお客様にはお引っ越しをお願いいたしました。

今回、工事期間の仮住まいは問題なかったので、新築後再使用する家財道具は当社の旧事務所スペースにお預かりしました。

解体は内装部分の解体を行った後、屋根(アスベスト含有コロニアル)、外壁、鉄骨、基礎と解体し更地に。

 

 

地盤調査を行うと共に「遣り方出し」を行います。地盤改良の鋼管杭位置出しもします。

私と当社ダブル鈴木と共にカケヤをもって遣り方出し。

根伐して建物外周部には捨てコンを打って型枠を設置します。

型枠が出来たら鉄筋工事、アンカーボルトなどセットして基礎立ち上がりコンクリートを打ちます。

基礎の上に土台を敷き、建前へ。

 

 

 

 

軸組が出来上がると屋根などを先行します。

 

  

外壁の構造合板を張りサッシの取付が済んだら発泡ウレタンを吹きます。今回はアクアフォーム70㎜としました。

 

 

 

内部の木工事、外部のサイディングが進んでいます。

今月中に内部の木工事は完了し、9月10日頃までに完了検査を受けたいと思っております。

 

 

外構などを含め9月末にはお引き渡しとなる予定です。

進捗管理は菊地が、内部のコーディネートは持田が担当させていただいております。

 

 

ナベカン通信 2019年2月

ナベカン通信
PDFで見る
 
 
 
あっという間に今年も2ヶ月が経とうとしております。
 
平成31年、平成最後の年になりました。昭和天皇が崩御され現在の天皇陛下に変わったときのことを思い出しますと、お元気なうちに代替わりをされるというのは良いことだなと感じました。これは世代交代という意味で会社でも同じでしょう。
 
昭和天皇はご病状が進み最後は公務を行えない状態でしたので尚更に感じます。
 
5月の皇位の引き継ぎが無事に行われることを祈ります。新元号は何になるのでしょう?4月1日に公表されるそうです。
 
当社では混乱を避ける目的と、昨年のISO9001・2015更新及び切替審査で社内文書の年号の取り扱いを検討し、日付は西暦を、時間は24時間表示を用いることに統一しました。慣れるまで違和感が有りましたが間違いにくくて良いですね。
 
 
 
パラオに行ってきました
 
1月中旬に念願のパラオにダイビングに行って参りました。
 
それも、一般的なコロール島でなくペリリュー島です。よく行くサイパンと同じく西太平洋の中にぽつんと浮かんだ島々がパラオで西カロリン諸島に属します。北マリアナ諸島のサイパンなどよりは南で経度は日本と変わりませんので時差はありません。
 
到着時は雨で寒かったのですが翌日からは良く晴れてすばらしいコンディションでした。
 
ペリリュー最高峰98mからの眺望
 
ペリリュー最高峰98mからの眺望
 
 
西太平洋の国や島は第二次世界大戦で日本軍と連合軍が激しい戦闘をした地域です。サイパン、テニアンも同様で原爆を積んだ飛行機の発進地としてよく知られています。
 
当時、サイパン、テニアン、グアムが陥落し、米軍の基地も建設されていたことから既に輸送路を絶たれていたパラオの制圧は必ずしも必要でなかった様ですが、米軍はパラオの制圧を決定し2ヶ月半近くの日々と双方に大きな戦死者(日本兵1万人?米兵2千人?)を出して終結しました。
 
日本軍司令部跡!建築技術は精度良い
 
日本軍司令部跡!建築技術は精度良い
 
 
日本兵の生き残りは450人だったそうです。日米双方が慰霊碑等を設けて御霊の安らかなることを願っています。
 
ペリリュー神社
ペリリュー神社
 
 
天皇陛下もペリリューを訪れ南端の慰霊碑の他に米兵の慰霊碑にもお参りしたそうです。
 
日本の戦車は戦地に残骸が残っていますが、当時ブリキと言われるほど装甲が薄く、米軍のシャーマン戦車の大砲で撃たれると当たったところで砲弾が爆発せず突き抜けてしまったという話しも聞きます。こんな武器で戦わされていた兵達は本当に気の毒です。
 
錆びた戦車の写真 日本軍の戦車の残骸 三菱製
 
錆びた戦車の写真 日本軍の戦車の残骸 三菱製
 
 
軍幹部は勝負にならなかったことは知っていたに違いありません。戦争は本当に起こしてはいけないと思います。
 
オレンジビーチの海岸には弾薬などが散乱
オレンジビーチの海岸には弾薬などが散乱
 
 
さて、ダイビングですがペリリュー島は北から島の東西に沿って流れる潮が南端のペリリューコーナーでぶつかるため潮が速いです。
 
大きなカマスの群れ!魚影がとにかく濃い
大きなカマスの群れ!魚影がとにかく濃い
 
 
満月の大潮に合わせバラフエダイが何万匹と放精放卵にやってくるのを見ることが出来、またジャーマンチャンネル(ドイツ占領下でアンガウル島で取れる肥料用のリン鉱石を積む船を通すためにリーフに作った水路)の入口付近で捕食するマンタを見ることが出来ました。すばらしいダイビングツアーでした。
 
マンタとダイバー 捕食中のマンタ!大きいけど素早い
マンタとダイバー 捕食中のマンタ!大きいけど素早い
 

ナベカン通信 2016年12月

■「熊本地震と東日本に津波再来」
 
■「イギリスEU離脱とトランプ大統領誕生」
 
■「社員採用とあんしん診断業務開始、事務所の増床」
 
■「これは便利!戸建用宅配ボックス「COMBO」」
 
 
PDFで見る

ナベカン通信 2016年9月

■「『大地震』大切なものを守るために」
 
■「浮世絵と鬼平犯科帳から見る幕末の江戸文化」
 
 
PDFで見る

ナベカン通信 2016年3月

■「人命救助と表彰状」
 
■「マイナス金利と住宅ローンと仲介手数料2%のご案内」
 
■「スケルトンリフォームはマンションなら平米10万円くらい」
 
 
PDFで見る

ナベカン通信 2015年9月

■「サイパン島のとなりのテニアン島」
 
■「省エネ住宅ポイントと耐震補強工事」
 
■「断熱改修について」
 
 
PDFで見る

ナベカン通信 Vol.07

■「お陰様」
 
■「省エネ住宅ポイントと耐震補強工事」
 
■「建築確認検査済書はありますか」
 
 
PDFで見る

ナベカン通信 Vol.06

■戦後70年の節目の年
 
■中古リノベーション不動産
 
■南篠崎スカイハイツA307 (不動産物件情報
 
 
PDFで見る

ナベカン通信 Vol.05

■少子高齢化と労働力不足
 
■消費増税の影響
 
■国際品質規格
 
■年末年始休業のお知らせ
 
 
PDFで見る

ナベカン通信 Vol.04

■暑い夏とレベルの上がった自然災害
 
■断熱塗料ガイナ 驚くべき効果
 
■8.13kwナベカン太陽光発電中
 
■ハイブリット車導入
 
 
PDFで見る

ナベカン通信 Vol.03

■2013年を振り返り「偽装」問題を思う
 
 
PDFで見る

ナベカン通信 Vol.02

■経営理念「安全・安心・信頼」
 
■今年もやります!バスツアー【無料】
 グリーンリモデルフェア(4/19.20)」
 
 
PDFで見る

ナベカン通信 Vol.01

■うれしい特典がいっぱい!ショールーム体感フェスタ
 11月12(金)・13日(土)10:00~17:00
 
■ナベカン社長がつぶやく 「健康と不健康の分水嶺」
 
 
PDFで見る