当社は、お客様が“安心して工事を発注できる会社”を目指し、信頼の技術で50年もの間地域の皆様に選ばれ続けてきました。 ナベカンは、常に“メリットを感じていただけるサービス”を追求。「住まいのアトリエ」や「高齢者支援事業」等を通じて建築、設備、不動産など、お客様の立場に立った“他にない”細やかなサービスで、地域の皆様の安心・快適な暮らしを創造しています。

電話:03-3993-5133 不動産部:03-6914-5142
   

直結給水切り替え工事例

第二サンマンション 受水槽・加圧給水ポンプを必要としない直結給水方式への切替  [2021年12月06日]
 
【工事内容】

1)     受水槽・加圧給水ポンプを必要としない直結給水方式への切替

2)     共用部給水管の更新工事(各戸メーターまで露出配管で更新)

3)     パイプシャフト内のメーター廻り給水管改修工事

4)     受水槽・加圧給水ポンプの解体工事

【住宅形態】

RC造 4階建 19

受水槽有り 加圧給水ポンプ有り 高架水槽無し

既存水道引込管40mm

既存総括メーター25mm

水道本管最小動水圧0.25Mpa

【施工時期】

202010月~202112月 (2ヶ月)

 

受水槽・加圧給水ポンプでの給水方式から水道本管の水圧のみで給水する給水方式への変更が可能と判断し施工いたしました。(特例直圧給水)

 

【工事メリット】

1.受水槽が必要無くなる為、給水本管からの新鮮なお水を直接使用する事が可能となる。

2.受水槽が必要無くなる為、維持管理費用(清掃、受水槽交換等)が必要なくなる。

3.ポンプが必要無くなる為、ポンプを使用した分の電気代が掛からなくなる。

4.ポンプが必要なくなる為、維持管理費用(メンテナンスや交換など)が必要なくなる。


【工事写真】

既存総括メーター廻り

 

既存受水槽廻り

 

既存加圧給水ポンプ

 

共用部給水管更新工事 新設配管状況

※直結給水工事に伴い老朽化している各戸メーターまでの共用部給水管も更新いたしました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

パイプシャフト内メーター廻り給水管改修工事(メーターユニット設置)

※メーター廻りの給水管は異種金属によりかなり腐食が進行していました。

直結給水に切替えるタイミングで建物全体の断水が必要なパイプシャフト内の給水管も改修することを弊社はお勧めしております。

 

施工前

 

 施工中(腐食状況)

 

施工後(メーターユニット設置)

 

直結給水切替工事

※水道本管からの引込管口径が現状40mmで、総括メーターは25mmでした。流量計算を行い引込管は40mmのままで十分でした。

総括メーターは25mmから40mmに増径いたします。

※新設した配管と既設の引込管を接続し直結給水方式の切替を行います。

 (この切替作業の日は建物全体が断水となります)

直結切替状況

メーターバイパスユニット40mm

直結給水切替後に最上階で出水確認

 

保温工事

※今回の保温工事はオーナー様の強い要望で露出配管を見せる配管にしたいとのことでした。その為、露出配管に使用するラッキングカバーをステンレスのカラーにいたしました。

使用した色は ツヤケシ ハンサムシルバー

(カラーのステンレス鋼板は特注のため納期が掛かります。また、通常のステンレスカバーより高価です。)

 

 

 

 

 

保温状況

 

 

 

ステンレスカラーラッキングカバー(色:ツヤケシ ハンサムシルバー)

 

 

 解体撤去工事

※受水槽、受水槽鉄骨架台、受水槽コンクリート基礎、加圧給水ポンプの解体撤去

 

補修工事

 

 

土間コンクリート補修

 

 

 

イル補修

 

直結給水切替工事 完成写真

 

【現場代理人からの一言】

今回の工事は屋外の露出配管をオーナー様の強い要望で、あえて見せる配管にしたいとのことでした。

通常は建物に対して目立たないように配管を行います。

 そのことから配管経路や給水管が水平・垂直にきれいに配管できているかに最も気を使いました。

 

Posted at 14:02