当社は、お客様が“安心して工事を発注できる会社”を目指し、信頼の技術で50年もの間地域の皆様に選ばれ続けてきました。 ナベカンは、常に“メリットを感じていただけるサービス”を追求。「住まいのアトリエ」や「高齢者支援事業」等を通じて建築、設備、不動産など、お客様の立場に立った“他にない”細やかなサービスで、地域の皆様の安心・快適な暮らしを創造しています。

電話:03-3993-5133 不動産部:03-6914-5142
   

ナベカン 社長ブログ

アスファルト露出防水の上にビックサン工法にて屋根改修  [2020年05月15日]
お客様より雨漏りしているとの事でご相談受けました
屋根の現場調査したところ、切妻屋根では有るものの勾配が1/10程度しか無く
既存屋根もなんと棟も含めて砂付きアスファルトルーフィング露出防水でやってありまして
木造では初めてこういう施工されてるのみました(18)
木造屋根にアスファルト露出防水
 
 
熱防水で補修には無理もあるので各種工法を検討しましたが、アスファルトシングル葺なども余りに勾配無くて毛細管現象など考えるととても恐ろしいので塗膜系統の防水材で施工するのが一番との結論に達しました
ウレタン系の防水はアスファルトとの油脂分の影響があり今まではダメというのが定番でしたが最近はダイフレックス社が対応のウレタン塗膜プライマーを発売しています
ただし、今回はアスファルト防水の上に親和性の高いポリマーセメント系防水剤のビックサンRC4工法にて施工することにしました
 
ビッグサンRC4 ポリマーセメント系塗膜防水
 
セメント系と言うので硬いかと思いきや
 
弾力もしっかりあります
 
学校などの洋式トイレ化工事の際にも
 
アスファルト防水との親和性の高さから
 
部分補修用に別のメーカーになりますが
 
AEコートというポリマーセメント系
 
無機塗膜防水をずいぶん使用したことを
 
思い出しました
Posted at 11:51